¥10,000以上のご購入で国内配送無料
Recherche

【検証】10万円のプリント付き作品集は高いのか

Publié par 御園幸人 le

久しぶりの更新となります。

現在店頭ではプリント付き特装本フェアを開催中です。

6千円から10万円ほどの価格帯の特装本を展示販売しておりますが、普段作品集を中心に販売していることもあり、そもそもプリントの相場がわからないというお声も少なからずいただいております。

そこで今回の記事では、写真作品の価値はどのような基準で決まるのか、そして10万円の特装版は高いのかを考えてみようと思います。

結論を先に述べますと、10万円のプリント付き作品集は安くはないけれど高くもありません。

もう少し具体的に言い換えると、「一般的な感覚として10万円は安い買い物ではないが、作品の価値を複合的に考慮すると高くない場合もある」となります。

前者についてはこれ以上説明するまでもないと思いますので、今回は後者について、作品の価値や値段がどのように決まるかを駆け足で解説します。

【写真の価値】

写真は絵画や彫刻とは異なり、ネガやデータからいくらでも複製可能な性質を持っています。そこで、他の芸術ジャンルと同等のオリジナル性を作品にもたらすために採用されるのが「エディション制」です。

エディションとは、作品を事前に約束した数だけ制作しますよ、という取り決めです。そうすることで作品の信用性と希少価値を担保しています。

写真作品の場合は大体3部から5部のエディションが一般的で、多くて10部ほどです。生産数が希少性を担保し価値を決定づけるので、数が少なければ少ないほど値段は上がり、多ければ多いほど値段は下がります。

加えて重要になるのが作家の評価や知名度であり、それを踏まえて最終的な価値が決まります。他の物事と同じく、需要と供給のバランスで作品の価格は変動しているのです。(他にもプリントの年代や技法やサイズなど、さまざまな基準がありますが端折っています)

Framed print from "The Well Special Edition" by Nigel Shafran

今回のフェアで特集するのは、通常版の作品集に加えて部数限定でされたプリント付きの特別版作品集です。

その価値を見極めるためには、先ほどの指標とあわせて以下の4点を判断基準にしてみるといいと思います。

①発行部数/エディションはどのくらいの数か
②プリントのクオリティは高く、作家自体がプリントを監修しているか(サイズや制作技法を含む)
③サインやナンバリングが記入されているか
④通常盤や特装版はまだ市場で入手可能か

以上を踏まえて、今回展示しているマーク・シュタインメッツのプリント付き特装本の価値を検証してみましょう。

【マーク・シュタインメッツの特装本の価値】

"Past K-Ville" Special Edition by Mark Steinmetz

アメリカ人写真家のマーク・シュタインメッツは1961年生まれ、イェール大学で写真を学びました。ストリート・フォトグラフィーの巨匠、ギャリー・ウィノグラウンドの運転手として一年間行動を共にしたエピソードもある、超正統派アメリカ写真の写真家です。

これまでに美術館での個展やグループ展を多数開催しており、彼の作品はさまざまな施設にコレクションとして収蔵されています。また大手出版社から独立形出版社まで、現在進行形で多数写真集も出版しています。作品の価格については公開されていないので不明ですが、おそらくかなりいい値段がするものと推測されます。

では、今回出展している特装版をみていきます。

①発行部数/エディションはどのくらいの数か
発行部数は50部限定。シュタインメッツはこれまでに500部限定のプリント付き作品集も出版していたりもするので、50部は特装版としてかなり少ない部類になります。そもそも世界中で50人のみが所有できると考えるとかなり少なく貴重ではないでしょうか。

②プリントのクオリティは高く、作家自体がプリントを監修しているか
出版社のウェブサイトをみると、手焼きではないものの、信頼のおけるプリンターが制作した高品質なプリントであることがわかります。サイズは230 x 162 mmで、悪くないサイズです。

③サインやナンバリングが記入されているか
それぞれにサインとシリアルナンバーが入っています。

④通常盤や特装版はまだ市場で入手可能か
本作は通常盤も特装版もすでに絶版となっており、通常盤は版元で約8万円、また20万円以上の値付けをしている場所もあります。特装版はどこにも売っていません。この時点で額装付きのプリントと本がセットで10万円は破格の値段だとお分かりいただけると思います。プリントは実質1、2万円です。おそらくもっと値段を上げてもそのうち売れるでしょう。

情報をまとめてみます。

・この作家はアメリカ写真史に則った大御所作家である
・普段のプリントはおそらく倍以上の価格で取引されている
・発行部数は少ない方で、価値も高い
・高品質なプリントで、サイズも良い
・作家によるサインとナンバリングが入っている
・通常盤、特装版ともに既に絶版かつプレミアがついている

このように、本作の価格として10万円は決して高くないことがわかりました。

他の作品集についても同様に検証すると同じような結果になるかと思います。

Framed print from"Past K-Ville" Special Edition by Mark Steinmetz

店主も普段10万円の作品を軽々と買うかと言われたら、そのようなことはありません。しかし、プリント付き特装本は、憧れの作家の作品を作品集とセットで手頃に購入できるチャンスであり、また、初めての作品購入としてもまたとない機会であることは確かです。

何より、作品集も良いですが、飾ることで空間そのものにインパクトを与えるプリントもまた良いものです。

展示は今月30日まで。メールでも通販対応を承りますのでご遠慮なくお問い合わせください。

-

特装本プリントフェア
会期|2024年3月16日(土)、17日(日)、20日(水祝)、23日(土)、24日(日)、25日(月)、30日(土)*31日(日)は休業
営業時間|11:00-14:00、15:00-18:00
会場:IACK 〒920-0864 石川県金沢市高岡町18-3

入場無料
問い合わせ:info (at) iack.studio
詳細:https://www.iack.online/blogs/news/special-edition-prints-fair

← Article précédent