【まもなく終了】Research – Progress – Practice #3 Aglaia Konrad Archives

およそ一ヶ月にわたり開催して参りました「Research – Progress – Practice #3 Aglaia Konrad Archives」も、いよいよ今週日曜日で閉幕となります。

活動初期から現在に至るまで、コンラッド氏の作品にはテーマの一貫性はあるものの、アウトプットの仕方=表現方法は常に進化を続けています。そのため、ひとつの作品を鑑賞して抱いた印象が、別の作品を見ると覆されてしまうこともあるでしょう。

今回の展覧会は、コンラッド氏が作品制作として取り組んできたアーティストブックを中心に、映像作品、そしてエディション作品の3つの柱で構成されています。加えて歴代の展覧会図録や掲載書籍などを揃えることで、より立体的に作家像を捉えることが可能です。

同町内「Keijiban」でのインスタレーションでは、作家の制作プロセスがより視覚的に表現されており、IACKで展示されているエディション作品と合わせてご覧いただくことで一層お楽しみいただけます。こちらは今週木曜日までの開催となりますのでご注意ください。

未見の方は勿論、2度目3度目のご来場も大歓迎ですので、是非この機会にコンラッド氏の作品世界に没入してみてください。

-

Research – Progress – Practice #3
Aglaia Konrad Archives
会期:2021年9月18日(土)- 10月17日(日)*予約制
会場:IACK
来場予約:https://airrsv.net/iack/calendar?schdlId=s000037B9E
詳細:https://www.iack.online/pages/aglaiakonrad-archives

*サテライト展
アグライア・コンラッド
会期:9月15日(水)- 10月14日(木)
会場:keijiban
〒920-0864 石川県金沢市高岡町18-13
www.keijiban.online/jp

アグライア・コンラッド/Aglaia Konrad
1960年オーストリア・ザルツブルク生まれ、現在ベルギー・ブリュッセルを拠点に活動。コンラッドは1970年代以降、急速に進行する世界の都市化の過程を記録した独自の写真/映像表現を発展させてきた。そのアーカイブには様々な都市のインフラや住宅建築の膨大なイメージが収められており、社会と空間の関係に独自の光を当てる無限の宝庫となっている。これまでに第10回ドクメンタを始めとした国際的芸術祭や世界各国の美術館で展示を行い、1997年にウィーンのオットー・マウアー賞、2003年にグラーツ・カメラ賞、2007年にディートリヒ・オペンベルク財団によるアルベール=レンガー=パツェル賞、2011年にはフェルナン・ボーダン賞を受賞。2021年にオランダのRoma Publicationsより出版された最新刊『Japan Works』では、日本の都市を巡り撮影したシリーズを発表した。
www.aglaiakonrad.com

← 過去の記事