Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
Thames Log by Chloe Dewe Mathews
¥7,150

Thames Log by Chloe Dewe Mathews

Loose Joints

イギリス人写真家/映像作家のクロエ・デュー・マシューズ(Chloe Dewe Mathews)による作品集。

本書は、古くからの信仰であるペイガニズムの祭礼から現代生活に見られる儀式まで、刻々と変化する人と水との関係性がテーマとなっている。マシューズは、水たまりのような源流から大規模なエスチュアリー(三角江)を形成している河口まで、テムズ川に沿って何度も旅をし、撮影に5年を費やした。河口近くのティルベリーを通過する船を記録し続けるシップスポッター、ローマ時代やサクソン時代の財宝を求めてロンドンの泥地を漁るマッドラークなど、誰に注目されることなくこの川と関わって生きる人々に焦点を当てる。潮の満ち引きによって1日2回違った顔を見せる河口から離れると、若々しいテムズ川が緑に覆われた田園地帯を穏やかに流れている。ここでマシューズは、ネオペイガニズムの儀式を行う人や奇妙な小舟を作る人、女王の鳥とされる白鳥を保護する人たちに出会う。決して1つに定まらない、流動的なアイデンティティを持つテムズ川は、オックスフォードで行われる船を燃やす儀式からサウスエンドの夕方の祈り、集団で行う洗礼式、10代の少年少女が参加する通過儀礼まで、上流から河口に至るまで途切れることなく行われている様々な儀式の主役になっている。世界の河川の中でも最も象徴的かつ詳細に記録されてきた川の1つであるにも関わらず、作者が撮るテムズ川は、この川自体を越えて、公私、大小様々な宗教的・非宗教的な儀式や、これらがどのようにして意味やアイデンティティを形成しているのかについて考えさせる。

(ディストリビューター解説文より抜粋)

-

Title: Thames Log
Artist: Chloe Dewe Mathews
Loose Joints, 2021
Softcover, 240 x 295 mm

152 pages

First edition
¥6,500 + tax

+

残り 1