Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya
¥4,400

Sttatsgrenze 1981-1983 by Seiichi Furuya

Spector Books

日本人写真家、古屋誠一による作品集。

本書は、2014年の8月30日から11月2日かけてドイルのハイデルベルガー・クンストフェアラインで開催された個展「Wo die Wahrheit liegt」に伴い出版された。1983年、古屋は1981年から1983年にかけてオーストリアと東欧諸国の国境を撮影した写真をまとめたポートフォリオ、「国境 1981 - 1983」パート1を制作した。その後続編が制作されることは叶わなかったが、30年の時を経てついにこのプロジェクトに区切りをつけて書籍化されることとなった。国境が海によって自然に規定されている日本に生まれた古屋にとって、国境が国の真ん中を走り、人々、文化、イデオロギーを隔てているという状態はとても興味深い事実だったという。世間が東西ドイツの境界線に注目する中、古屋はハンガリー、ユーゴスラビア、チェコスロバキアとの国境地帯を取り上げ、現代史の政治的かつ個人的なドキュメントを作成したのである。私的な要素と政治的な要素、個人的な意見と記録資料の相違の間の相互作用に導かれながら、古屋は場所と物語を結びつけて歴史的な価値を持つ記録資料を作り上げている。

-

Title: Staatsgrenze 1981-1983
Artist: 古屋誠一(Seiichi Furuya)
Spector Books/IZU PHOTO MUSEUM, 2014
Hardcover, Swiss binding
286 x 240 x 16 mm
35 pages
Text in German, English and Japanese
First edition
ISBN: 978-3-944669-31-1(Spector Books)/978-4-904257-22-7(NOHARA)
¥4,000 + tax

+

残り 4