(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi
(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi
(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi
(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi
(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi
(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi
(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi
(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi
(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi
(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi
(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi
(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi
(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi
(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi
(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi
¥4,950

(Signed) EVERYTHING_2 by Kenta Cobayashi

日本人写真家、小林健太による作品集。

小林は、自身で撮影した写真に大胆なデジタル編集を施すことでグラフィティのような効果を与え、イメージを溶解したピクセルデータによる光子の絵へと変貌させる作風で大きな注目を集めている作家である。近年は国内外の美術館やギャラリーでの展示の他、同世代のファッションブランド「PUGMENT」やプログラマーのタカダユウキとのコラボレーションや、dunhill 2020SSのコレクションピース、LOUIS VUITTONの2019AW キャンペーンイメージやメゾン大阪御堂筋のウインドウディスプレイを手掛けるなど、自身の活動領域を大きく広げている。

今作では、東京をはじめとした都市とそこに生きる同世代の人々を中心に、それらの光景を、身体、テクノロジー、歴史など、自身の経験と学習に基づいた様々な関係性の中で捉えている。「真を写すとは何か」という写真についての問いは、像の具象/抽象、ストレート/拡張といった枠組みを超えて投げかけられている。

前作同様、オフセット印刷でありながらRGBに近い広域な発色が可能となる「カレイドインキ Kaleido?」を用いた印刷方法を採用しており、モニター上の画像のような鮮やな色彩が実現されている。また、製本も前作を踏襲し一本のゴム紐によってページが着脱可能な仕様であり、シリーズを合わせてバインドすることで一冊の本に仕立てることが可能。

(出版社解説より一部抜粋)

500部限定。作家によるサイン入り。

-

Title: EVERYTHING_2
Artist: Kenta Cobayashi
Newfave, 2020
Softcover with rubber band, printed with Kaleido® ink
297mm x 210mm, 80 pages
Limited edition of 500 copies
¥4,500 + tax

+

残り 3