Mathematics by Peter Fraser
Mathematics by Peter Fraser
Mathematics by Peter Fraser
Mathematics by Peter Fraser
Mathematics by Peter Fraser
Mathematics by Peter Fraser
Mathematics by Peter Fraser
Mathematics by Peter Fraser
Mathematics by Peter Fraser
Mathematics by Peter Fraser
Mathematics by Peter Fraser
Mathematics by Peter Fraser
Mathematics by Peter Fraser
Mathematics by Peter Fraser
Mathematics by Peter Fraser
¥5,500

Mathematics by Peter Fraser

イギリス人写真家・ピーター・フレイザー(Peter Fraser)による作品集。

「このプロジェクトの写真の大半には、実に多くのディテールが映し出されている。見るべきものが多くあり、没頭させられるものもまた多い。細部とは無論写真の錯覚の一部であり、その巧妙さの一部であった。シャッターを開くと、カメラは目の前にあるものがなんであろうと、跳ね返る光を受け取る。何もない真っ白な壁もまた同様である。それは百万の小石の塊かもしれない。写真家というものは、写真を撮る前から細部について考えていたかもしれないし、あるいは殆ど見てすらいなかったかもしれない。その可能性は、カメラによって撮影されるあらゆるイメージに潜んでいる。我々はカメラが被写体を記録したのと同じような無関心さ、あるいは数理合理性を持って写真をみることはできない。写真を見るということは、いかなる写真も、それは見られるために作られる一方で、結局は我々のものではないということを直感的に感じることである。それはそれが生み出されたカメラのものなのである。カメラはそれ自身の構造にしたがって、我々にこの世のあらゆる事物を見せてくれるが、それらのものを見つけたままに残しておく。

これは普通ではない一連の写真だ。ピーター・フレイザーは多くの国でそれらを撮影し、撮影されたモチーフはかつてないほど多様である。写真家自身が理解しているように、数学というテーマだけが、これらの写真をまとめ合わせることができた。時折本書の区切りとなっている不思議なポートレートは一体なんなのか?フレイザーは、これらの人々のうち5、6人を写真に撮る直前に、彼らが人生の大半を通じて真実だと思っていたことが、たった今間違っていると証明されたと想像してほしいと頼んだことを明らかにしている。これらの人々が何を考えていたのか、それぞれが想像的に、そして一時的に、どのような公理を持っていたのか。われわれには知る由もない。フレイザーもまた知り得なかった。だがそれでも、自己批判的な思考の短い状態で、熟考そのものが熟考されているとき、彼はその様子を撮影したのだ。これらのポートレートはこのプロジェクトを支えるだけでなく、最も反射的な瞬間も提供している。ここで描かれている精神状態と、フレイザーが私たちから招いているかもしれないもの、欠陥があり一貫性のない聴衆との間には、深い愛情が存在している。」ー David Company

初版750部。

-

Title: Mathematics
Artist: Peter Fraser
Skinnerboox, 2017
Hardcover, 245 x 310 mm
76 Pages
Limited edition of 750 copies
ISBN 978-88-94895-09-4
¥5,000 + tax

+

残り 1