“PLAY” Fair at flotsambooks, Tokyo

©︎IACK, 2021

フランス人写真家、フィリップ・ジャリジョンのキャリア15年目にして初となる作品集『PLAY』の入荷に合わせ、12月21日(火)と23日(木)の二日間、東京都の書店「
flotsambooks」で先行販売フェアを開催いたします。

フィリップ・ジャリジョンは伝統的かつ技巧的なスタジオ写真の手法を用いることで、90年代のテレビ番組や映画に散見する視覚的コードを再解釈しており、一目見ただけで誰もが楽しめるユーモアと、イメージ産業に対する認識を再考させるような奥深さをあわせ持った唯一無二の作品を制作しています。

「Studio Achermann」のクリエイティブディレクター/創業者であるベダ・アッヘルマンによるアートディレクションのもと制作された本書は、これまで彼が撮影してきたさまざまなジャンルのパーソナル/エディトリアルワークや、その未公開カットからセレクトした写真を再構成した挑戦的な作品集に仕上がっています。

会期中は本書をイベント特別価格でお買い求めいただけます。また、IACK店主の河野も店頭に立ちますので、平日の開催ではございますが是非お立ち寄りくださいませ。

-

“PLAY” Fair at flotsambooks
会期:12月21日(火)、23日(木)
会場:flotsambooks
住所:〒168-0063 東京都杉並区和泉1丁目10-7
営業時間:14:00 - 20:00
www.flotsambooks.com
@flotsambooks

フィリップ・ジャリジョン/Philippe Jarrigeon
1982年フランス生まれ。先進的な美術教育で知られるスイスの高等教育機関、「ECAL」ことローザンヌ州立美術学校で写真を学ぶ。現在は同大学で教鞭を執りながら、大手メゾンや著名人のポートレート撮影から「Buffalo Zine」などのインディペンデントな媒体まで幅広く撮影を行う。伝統的かつ技巧的なスタジオ写真の手法を用いて、大衆文化や90年代ポップカルチャーの視覚コードを再構築する唯一無二の写真作品は、ファッション写真の領域にとどまらずに高く評価されており、これまでにフランスの「La Galerie des Galeries」や「International Festival of Fashion and Photography」、スイスの「Fotomuseum Winterthur」などで展示が開催された。
www.philippejarrigeon.com
@philippejarrigeon



Title: PLAY
Artist: Philippe Jarrigeon
RVB Books, 2021
Softcover with reversible dust jacket, a postcard and booklet insert, Otabind
320 x 244 x 18 mm
162 pages

Text in English and French
First edition
¥4,950 -(イベント特別価格)