(Signed) Nautilus by Julia Borissova

¥ 15,984

SOLD OUT

*再入荷。

エストニアのタリン生まれ、サントペテルブルグ在住の写真家、ユリア・ボリソヴァ(Julia Borissova)の自費出版作品。

ボリソヴァは多くの作品を手製本のアーティストブックとして発表している。本書はサンクトペテルブルク中心から北西に約32km、フィンランド湾に浮かぶコトリン島の都市、クロンシュタットで開催されたNCCAアーティスト・イン・レジデンスプログラムの成果物として制作されたボリソヴァの最新作。

.

「『The Nautilus』は、街そのものを架空の美術館に見立て、作品を市街地に散在させて展示するプロジェクトとして制作されました。

実際の美術館の展示では作品は観客から隔離され厳重に守られているのに対し、私はクロンシュタットの街中に実際の作品を設置しました。紙のコラージュ作品の一時性には留意しながら、時間の痕跡を保っているような壁を展示場所として選びました。私はその街が持つ時間の流れに直接触れて感じる欲求に取り憑かれていたのです。

それらの壁に走る亀裂やシミは水中の風景や未知の文明の手稿、あるいはあらゆる過ぎ去りし日々から未来に向けたメッセージに似ています。私はそれらの要素を、荒波を乗り越えようとする海の世界とその人々のイメージを使って表現しました。

そしてこのプロジェクトは、それ自体移動が可能なインスタレーションとして、本の形態に発展していきました。ページに空いた穴は鑑賞者を断片的なイメージに集中させ、そして背景と被写体を分離させる効果を生み出しています。このアイディアはジュール・ヴェルヌの著書に登場するネモ船長のノーチラス号から着想を得ています。潜水艦は覗きガラスを通してアトランティスの遺跡をじっと眺める機会を与えてくれる、それ自体ある種の美術館のようなものなのです。」

限定315部。サイン、ナンバリング入り。

.

*Back in Stock

The book was created in the NCCA Art residence in Kronstadt

The Nautilus project was meant to be as an imaginary museum, whose exhibits were dispersed in the urban area. 

Whereas the showcase of the museum protects an object and isolates it from the audience, I placed my pieces of work right in the streets of Kronshtadt. Being fully aware of the impermanence of the paper col­lages, I chose for them such walls that kept the traces of time. I was obsessed by a desire to feel them and to know the town by touch. 

The cracks and stains on those walls resembled either some underwater land­scapes or manuscripts of an unknown civilization or a message to the future left by every passing day. I wanted to capture their essence, bringing the images of the marine world and a human, which tried to conquer the waves.  

The Nautilus project keeps developing as a book, that is a mobile exhi­bition and installation. The holes in the pages allow the viewer to focus on the separate fragments of images and to divide the figures and the background. This idea occurred to me as reference to Captain Nemo’s Nautilus in the book by Jules Verne. This submarine was a sort of museum and gave an opportunity to contemplate the ruins of Atlantis through the observation glass.

As a quotation to the book I use the passage from the essay «On the Superfluous» by Arkadii Dragomoshchenko, translated by Evgeny Pavlov:
“‘You’ and ‘I,’ ‘past’ and ‘future,’ ‘and,’ et cetera can be exhausted in the metaphor of the shell that rotates on the same axis: exterior and interior, moisture and sand, presence and absence – the shell that was once simultaneously the instrument of calling and the labyrinth of hearing. There is no certainty.”
I believed, that this is the best fit with the spirit of this town and it is related to the idea, that I put into this project.

-

Title: Nautilus
Artist: Julia Borissova
Self published, 2018
Softcover, 205 x 250 mm
72 pages
Limited edition of 315 copies, signed and numbered
¥14,800 + tax

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 610円

※15,000円以上のご注文で送料が無料になります。

Related Items
  • (Signed) Tokyo Stories by Elodie Grethen
    ¥ 5,184
  • (Signed) Memory turned into flesh by Ekaterina Bazhenova - Yamasaki
    ¥ 1,728
  • Music for my Eyes by Grace Ahlbom
    ¥ 2,160