THE LONGEST WAY ROUND by Chris Dorley-Brown

¥ 4,536

*再入荷

「『The Longest Way Round』は作家の家族の歴史の視覚的探求であり、歴史的な写真と作家が新たに撮影した写真が組み合わされて構成されている。家族アルバム用ではないアーカイブ資料の宝庫を発見したドーリー=ブラウンは、20世紀後半を形作った一連の出来事について、本作で多層的な代替ストーリーを提示している。

本書の中心的なテーマは愛と戦争だ。クリスの父ピーターは第二次世界対戦中ドイツで捕虜となっており、母は戦争花嫁* であった。そして戦争の余波はいつまで家庭に残っていた。消えゆく歴史を明らかにすると同時に、過去の経験を現在に結びつけるために、ドーリー=ブラウンは、亡くなった両親の歴史写真、家族の手紙、戦時中の文書とともに、彼自身にとっての現代を指し示す写真を撮影していった。」

* 戦時中に兵士とその駐在先の住民で行われた結婚を指す。特に第二次世界大戦において、米軍兵士とドイツ人女性の婚姻の記録は多く残っている。

.

A visual investigation of the author’s family history, The Longest Way Round is a construct of historical images woven together with new photographs. Uncovering a treasure trove of archive material not intended for the family album, Dorley-Brown presents a multi-layered alternative narrative for the course of events that shaped the late 20th century.

Central themes are love and war; Chris’s father Peter was a prisoner of war in Germany during WWII, his mother was a GI bride, and the after-effects of the war lingered within the family. Simultaneously revealing a disappearing history and connecting past experience with the present, Dorley-Brown has assembled his own contemporary photographs alongside his deceased parents’ historical pictures, family letters and wartime documents.

Themes in this intimate book are universally identifiable within the European experience since the Second World War. Addressing subjects of personal identity and memory, the narrative reveals a painful family legacy while offering potential for a sense of closure.

-

Title: THE LONGEST WAY ROUND
Artist: Chris Dorley-Brown
Overlapse, 2015
Softcover, Section‐sewn with exposed binding
270 x 215 mm, 168 Pages
First Edition
¥4,200 + tax

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 610円

※15,000円以上のご注文で送料が無料になります。

Related Items
  • WHITE FLAG by Hanna Putz & Sophie Thun
    ¥ 3,240
  • (Signed) Index by Yukihito Kono
    ¥ 4,104
  • Everything else is a lie by Hanna Putz
    ¥ 4,320