LVIV – GOD’S WILL by Viacheslav Poliakov

¥ 5,832

ウクライナのリヴィウ在住の写真家、ヴァチェスラフ・ポリアコフ(Viacheslav Poliakov)の作品集。

「ソ連崩壊後、グローバル化の拡大と共にウクライナ全土の公共空間において、素朴な視覚的サブカルチャーが広く普及した。偶然の相互作用や本来無関係の人々による手当たり次第の介在によって、にわか作りの彫刻が並べられる光景が姿を見せたのだ。それは国民たちの見境のない行動や誤解、破壊行為、そして自然植生の狂奔の末生み出されたプロダクトとでもいうようなものである。だが結局、これらの思いもよらない出来事は誰の責任でもない。全ては神の思し召しなのだ。」

リヴィウ=ゴッズ・ウィル(Lviv–God’s Will)はリヴィウ市とウクライナの国境沿いでEUに面する森深くに存在する小さな村、ボザ・ヴォルヤを結ぶバスの路線名に由来する。そこは富と永遠の喜びの約束の地であると言われ、バスは旧リヴィウ墓地の正門を発ち、西に向かい進んで行く。ウクライナ語の「Bozha Volya」は直訳すると「神の思召」という意味であるが、同時に狂気を意味する「bozhevillia」という語を語源に持っている。

本書で見られる光景や構造物は実際にボザ・ヴォルヤで見つかるものそのままであり、カラフルな背景を使い被写体を外部から切り離していることを除いて、手は加えられていない。また、彼らはいかなる地理線にも限定されておらず、心境をそのまま反映している。

その奇妙な美学の表面下において、『Lviv – God's Will』はウクライナの日常生活の社会政治学的な側面に関する隠れた記録を明らかにするのである。

.

A naive, visual subculture involving public space has become widespread throughout Ukraine after the fall of the Soviet Union and expansion of globalization. Makeshift sculptural scenes appear in the environment through accidental interactions and random interventions by unrelated people — products of indiscriminate behaviour, mistakes, destruction, and natural vegetation running wild. Ultimately, nobody is responsible for this happenstance. It is all God’s will.

Lviv–God’s Will comes from the name of a bus route that connects the city of Lviv with Bozha Volya, a small village lost deep in the forests along Ukraine’s border with the European Union — the promised land of wealth and eternal joy. The bus departs from the main gate of an old Lviv cemetery and travels west.

In Ukrainian ‘Bozha Volya’ translates literally to mean ‘God’s will’, but also shares origin with the word ‘bozhevillia’, meaning madness.

The scenes and structures shown in this book are as found in reality, and have not been interfered with other than to be isolated from their surroundings using colourful backgrounds. Neither are they confined to any geographical boundary; they reflect a state of mind.

Beneath the surface of it's peculiar aesthetics, Lviv – God's Will reveals an underlying commentary about sociopolitical aspects of daily life in Ukraine.

-

Title: LVIV – GOD’S WILL
Artist: Viacheslav Poliakov
Overlapse, 2018
Softcover, Section-sewn / OTAbound
170 x 240 mm, 128 page
First Edition
¥5,400 + tax

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • レターパックライト(ポスト投函)

    ポスト投函。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 360円
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 510円
  • 宅急便コンパクト

    ヤマトが提供する小型便用の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 578円
    • 東北

      • 青森県 432円
      • 岩手県 432円
      • 宮城県 448円
      • 秋田県 432円
      • 山形県 448円
      • 福島県 448円
    • 関東

      • 茨城県 400円
      • 栃木県 400円
      • 群馬県 400円
      • 埼玉県 400円
      • 千葉県 400円
      • 東京都 400円
      • 神奈川県 400円
      • 山梨県 400円
    • 信越

      • 新潟県 400円
      • 長野県 400円
    • 北陸

      • 富山県 400円
      • 石川県 400円
      • 福井県 400円
    • 東海

      • 岐阜県 400円
      • 静岡県 400円
      • 愛知県 400円
      • 三重県 400円
    • 近畿

      • 滋賀県 400円
      • 京都府 400円
      • 大阪府 400円
      • 兵庫県 400円
      • 奈良県 400円
      • 和歌山県 400円
    • 中国

      • 鳥取県 448円
      • 島根県 448円
      • 岡山県 448円
      • 広島県 448円
      • 山口県 448円
    • 四国

      • 徳島県 448円
      • 香川県 448円
      • 愛媛県 448円
      • 高知県 448円
    • 九州

      • 福岡県 497円
      • 佐賀県 497円
      • 長崎県 497円
      • 熊本県 497円
      • 大分県 497円
      • 宮崎県 497円
      • 鹿児島県 497円
    • 沖縄

      • 沖縄県 643円

    ※海外への送料は別途発生します。

  • クリックポスト

    日本郵便の提供するポスト投函配送サービスです。全国一律料金で荷物追跡が可能。

    全国一律 185円
  • 海外配送 / International

    海外配送用 / Shipping will be charged later

    全国一律 0円

※15,000円以上のご注文で送料が無料になります。

Related Items
  • (Signed) One Eyed Ulysses by JM Ramirez Suassi
    ¥ 6,588
  • (Signed) Nautilus by Julia Borissova
    ¥ 15,984
  • CHRISTOPHER STREET, 1976 by Sunil Gupta
    ¥ 6,480