THE TREE OF LIFE IS ETERNALLY GREEN by Pascual Martínez + Vincent Sáez

¥ 5,292

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 610円
  • レターパックライト(ポスト投函)

    ポスト投函。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 360円
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 510円

※13,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

*再入荷

スペイン人写真家デュオ、Pascual Martínez(パスカル・マルティネス)とVincent Sáez(ヴィンセント・サエス)の作品集『THE TREE OF LIFE IS ETERNALLY GREEN』です。

"本作はルーマニアの風景、そしてルーマニア人とその自然との不可欠な結びつきを探るドキュメンタリー作品の私的なノートブックです。マルティネスとサエスは道中現地の人々と接しながら、ルーマニアの田舎を中心に6000キロ以上旅をしました。彼らの探検は、ヨーロッパ最初の居住者たちが肥沃なルーマニアの地に移住して以来、ルーマニア人の魂は本能的にその土地と結びついているのだという考えに沿って、冬から夏にかけて行われました。

ルーマニアは複雑な歴史を持った国です。人々はやっとの事で領土を獲得し、非情な迫害に直面し、共産党独裁の時代を迎え、そして他国による資源と農業の搾取などがありました。第一次世界大戦の終結時にはトランシルヴァニアの中央地域はルーマニアに返還され、ウクライナとの国境からドナウ渓谷にかけての環境資源の裕福さはさらに拡大しました。1950年代から80年代にかけてはますますの工業化がすすめられ、その結果経済や社会発展、国の景観に大規模な影響を及ぼしました。

ルーマニア人たちは進歩と逆境を前にしても立ち直りが早く、1989年の社会主義共和国の崩壊以来、国では知性の復活と長きに渡る伝統を再び実践しようとする取り組みを目にすることができます。ロシア・モンタナでの15年以上に及ぶ紛争では、行政機関と環境団体たちが過剰開発から自然環境を自由にしようと、鉱業会社に立ち向かっています。
マルティネスとサエスによる『In The Tree of Life is Eternally Green』は社会政治学的問題を超越した側面から国のアイデンティティと歴史に着目し、そしてルーマニア人に関する固定観念を追い散らします。彼らの記録は自然環境に染み渡り、そしてルーマニアの人々とその伝統、ありのままの風景と国の豊かな植物相を称えているのです。"

(出版社リリース文より)


-

Title: THE TREE OF LIFE IS ETERNALLY GREEN
Artist: Pascual Martínez + Vincent Sáez
Overlapse, 2018
Hardcover, 230 x 185 mm
174 pages
First edition
¥4,900 + tax