THE TREE OF LIFE IS ETERNALLY GREEN by Pascual Martínez + Vincent Sáez

¥ 6,480

SOLD OUT

スペイン人写真家デュオ、パスカル・マルティネス(Pascual Martínez)とヴィンセント・サエス(Vincent Sáez)の作品集。

「本作はルーマニアの風景、そしてルーマニア人とその自然との不可欠な結びつきを探るドキュメンタリー作品の私的なノートブックである。マルティネスとサエスは現地人と接しながら、ルーマニアの田舎を中心に6000キロ以上の旅をした。彼らの探検は、ヨーロッパ最初の居住者たちが肥沃なルーマニアの地に移住して以来、ルーマニア人の魂は本能的にその土地と結びついているのだという考えに沿って、冬から夏にかけて行われた。」

ルーマニアは複雑な歴史を持った国である。人々はやっとの事で領土を獲得し、非情な迫害に直面し、共産党独裁の時代を迎え、そして他国による資源と農業の搾取に見舞われた。第一次世界大戦の終結時にはトランシルヴァニアの中央地域はルーマニアに返還され、ウクライナとの国境からドナウ渓谷にかけての環境資源の裕福さはさらに拡大する。1950年代から80年代にかけてはますますの工業化が進められ、その結果経済や社会発展、国の景観に大規模な影響を及ぼした。

ルーマニア人は進歩と逆境を前にしても立ち直りが早く、1989年の社会主義共和国の崩壊以来、国では知性の復活と長きに渡る伝統を再び実践しようとする取り組みが行われている。ロシア・モンタナでの15年以上に及ぶ紛争では、行政機関と環境団体たちが過剰開発から自然環境を自由にしようと、鉱業会社に立ち向かった。

マルティネスとサエスによる『The Tree of Life is Eternally Green』は社会政治学的問題を超越した側面から国のアイデンティティと歴史に着目し、そしてルーマニア人に関する固定観念を拭い去る作品である。彼らの記録は自然環境に染み渡り、そしてルーマニアの人々とその伝統、ありのままの風景と国の豊かな植物相を称賛するのだ。

.

An intimate notebook of documentary work undertaken in Romania, exploring the country's landscape and integral connections Romanians have with nature. Martínez and Sáez travelled more than 6000km photographing mostly in rural areas, meeting with local people along the way. Their exploration encompasses winter through summer seasons, with the guiding theme that since the first inhabitants of Europe populated fertile Romanian lands, the spirit of Romanian society has been instinctively linked to the land.

Romania has a complex history where its people have struggled to claim territory, faced brutal oppression, communist nationalisation, and foreign exploitation of resources and agriculture. The central region of Transylvania was claimed at the end of the First World War, extending the country’s wealth of natural resources from the border with Ukraine to the Danube Valley. Industrialisation increased exponentially from the 1950s to 1980s and the effects had a massive impact on the economy, social progress, and the landscape.

Romanians have been resilient in the face of progress and adversity, and since the fall of communism in 1989 the country has seen an intellectual revival and a return to practicing long-held traditions. For over 15 years in a conflict in Roşia Montană, public administration and environmental organizations have confronted a mining company in a fight to keep their natural environment free from continued over-exploitation.

In The Tree of Life is Eternally Green, Martinez and Saez focus on identity and history from a perspective that transcends socio-political issues, and dispels stereotypes associated with Romanians. Their record is seeped in the natural environment and celebrates Romanian people, their traditions, the untamed landscape and the country’s rich flora.

-

Title: THE TREE OF LIFE IS ETERNALLY GREEN
Artist: Pascual Martínez + Vincent Sáez
Overlapse, 2018
Hardcover, 230 x 185 mm
174 pages
First edition
¥6,000 + tax

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 610円
  • レターパックライト(ポスト投函)

    ポスト投函。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 360円
  • レターパック

    ポスト投函も可能。追跡サービスも利用できます。

    全国一律 510円
  • 国外 / International

    Shipping will be charged later

    全国一律 0円

※15,000円以上のご注文で送料が無料になります。

Related Items
  • (Signed) One Eyed Ulysses by JM Ramirez Suassi
    ¥ 6,588
  • Dark Rooms by Nigel Shafran
    ¥ 7,290
  • (古本) Kids by Larry Clark, Harmony Korine
    ¥ 10,800