再掲:作品集を読む『Dark Rooms』

イギリス出身の写真家、ナイジェル・シャフランは、1980年代後半にヨーガン・テラーやコリーヌ・デイ、デイヴィット・シムズらとともにロンドンの『i-D』、『THE FACE』、『Dazed & Confused』誌などで活躍した写真家の一人である。現在ではファッションフォトグラファーというよりは、ギャラリーや美術館で展示を行う写真家として認知されている。1995年に自費出版したパートナーのルースとの生活を記録した写真集『Ruthbook』は、彼のキャリアのターニングポイントとなっただけでなく、写真家と被写体の関係性を捉えた名作として写真集の歴史にもその名を深く刻んだ。
Read More →

長く、豊かに作品集を楽しむために Vol. 2

前回は、IACKが作品集をセレクトする上で重視しているポイントをご紹介しました。今回からは、そのようにセレクトした作品集をどのように紹介していきたいと考えているかを少し。

量とスピードをどのように捉えるか】

2010年代のアートブック/写真集ブームは、過去に例を見ない数の作品集と観客を生み出しました。しかしその反面、しっかりと鑑賞されることなく埋もれてしまった作品や、一時的ブームとして消費することしかできずに離れてしまった観客たちが多く生まれたことも事実です。

Read More →

作品集を読む『In Search of Appropriate Images』

闇に沈む山々に浮かぶ岩石とコンクリート。表紙から既に不思議な世界観が窺い知れるが、作品集自体もそれに負けず劣らずなデザインだ。赤橙色のハードカバーを開くと、ブロック状に左右に振り分けられた二冊の作品集が現れる。上部がメモパッドのように綴められており、縦開きの仕様がこれから広がる異質な世界を予見させる。
Read More →

長く、豊かに作品集を楽しむために Vol. 1

IACKは先日設立4年目を迎えました。

4年目は揺らぐことのない活動の芯となる部分を再確認し、未来へ向けたより長期的なヴィジョンを掲げ、そして皆様と共により豊かな作品集との携わり方を考えていきたいと思っております。
Read More →