2019/06/28 00:09

IACKがディストリビューションを行う独立系出版社、MultipressOverlapseより新刊が入荷いたしました。



Transmutação by Tiago Bom


Multipressはポルトガル人アーティスト、チアゴ・ボム(Tiago Bom)の作品集を出版。ボムは作家活動の傍ら、ヴェニス・ビエンナーレでは中央アジア舘の共同キュレーションなども行っています。


本書では錬金術や心理学のアイディアを取り入れながら、ボムがインド北東部で撮影した写真を再構成しています。タイトルの『Transmutação』は「変成(transmutation)」という意味の言葉であり、錬金術においてある形態から別の形態への状態変化を意味するそうです。かつて哲学者や学者で錬金術に傾倒した者は非常に多く、心理学者のカール・グスタフ・ユングもその一人。特に本作ではユングが提唱した、錬金術が「対立しあうものの結合」を目指した学問であり、その変化の過程はほとんど心の変容の過程のアレゴリーであるというコンセプトに影響を受けているようです。(ユングと錬金術のエピソードは面白いものが多いので気になった方は是非調べてみてください)






しかしそのような背景を知らずとも、紀行文的写真集として被写体を眺めていても楽しい一冊となっています。縦22.5cm、横15.5cmと小ぶりなサイズながら、藍色の布張りカバーにゴールドの箔押しが施されており、全体のバランスがとれています。100部限定の作品集なので、気になった方はお早めにご注文ください。


https://www.iack.online/items/21140496


.


Overlapseからは2冊の新刊が到着しています。



Altered Ocean by Mandy Barker


本書はプラスチックによる海洋汚染を調査する写真家、マンディ・バーカーの写真作品を網羅したモノグラフです。IACKは設立初年度、ディストリビューションを行う以前からマンディ・バーカーのBeyond Driftingを取り扱っていました。作品制作の目的を「美的に魅力的な映像を使用することで、環境危機に対する人々の意識を高めることである」と語るように、『Beyond Drifting』では摩訶不思議なイメージで読者を惹きつけ、そして現在進行形で起こっている問題へと我々の目を向けさせてきました。本書では『Beyond Drifting』にいたるまでに制作してきた作品や論考、そしてその制作過程におけるスケッチブックを収録しており、アーティストの頭の中を覗くように作家の軌跡を辿ることができる内容になっています。







Beyond Drifting』のオリジナル版は既に絶版となっていますが、ダイジェスト・エディションは再入荷いたしましたので、是非併せてご覧になってみてください。単なるダイジェスト版ではなく、紙や印刷はオリジナルと同じものを使用しながらも判型やページ数に変更を加えたオリジナル版となっております。もう一冊の新入荷、『THE DISAPPEARANCE OF JOSEPH PLUMMER Cabin Edition』も過去に出版された作品集の新装版となります。こちらも『Beyond Drifting』同様、新たに生まれ変わり、そしてよりお求めやすくなりました。









これらの新刊は店頭でもご覧いただけますので、週末は是非お立ち寄り下さいませ。